失語症の症状:聞こえるけど理解はできない

失語症の症状:聞こえるけど理解はできない

失語症の症状として、聞こえる分には支障はありませんが、それを理解できない状態にあります。

 

話しかけられても返事できずにいるため、耳が遠くなったと誤解されがちです。

 

人間が音を聞くときは、耳で音を聞き取り、脳で音を理解します。
耳と脳、とちらかに障害があっても、正しく聞き取ることはできません。

 

失語症では、音を言葉として認識する脳に障害がある状態です。
ですので、聴力検査などで異常はありませんが、結果として言葉が聞こえないのと同じ状況に陥ります。

 

聞こえていても言葉を理解することができない状態は、いわば外国語を聞いているようなものです。

 

言葉はわからなくても、楽しそう、怒っている、などのニュアンスを理解することはできます。
ですので失語症の人は、今質問されているんだな、といった会話の雰囲気は掴むことはできます。

 

耳が聞こえなくなったと誤解し、大きな声で話しかけそうになるかもしれませんが、大きな声は患者にとって騒音と同じです。
聴力に問題がないので意味がありませんし、患者を不快にさせるのでやめましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top