失語症の再発防止:脳卒中の危険なサインを知っておく

失語症の再発防止:脳卒中の危険なサインを知っておく

失語症の再発防止として、脳卒中の危険なサインを知っておくことが重要です。

 

脳卒中のうち脳梗塞は、心房細動という不整脈のためにできた血液のかたまりが脳の血管に詰まることや、脳の血管が細くなることなどが原因になります。
どちらも前兆となる症状があるので、注意しましょう。

 

心房細動がある場合は、血液をサラサラにする働きのあるワルファリンという薬を使って、血液のかたまりができるのを防ぐことができます。

 

また、脳の血管が動脈硬化を起こすことで、その部分の血流が一時的に途絶え、脳の働きが低下する一過性脳虚血発作もあります。

 

これは、血流が再開すると症状は改善しますが、ほうっておくと脳梗塞につながってしまいます。

 

注意したい症状は次の通りです。

 

心房細動のサイン 動悸がする
胸の痛みや胸苦しさがする
一過性脳虚血発作のサイン ろれつが回らない
言葉が出ない
顔半分がしびれて、ひきつったりする
ものが二重に見える
ふだんと比べて、めまいが起こる
ふだんと比べて、力が入らない
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top