失語症のタイプ:運動性失語症(ブローカ失語症)

失語症のタイプ:運動性失語症(ブローカ失語症)

失語症のタイプは2つあり、その1つに運動性失語症があります。

 

これは、言葉は理解できるけど発語が難しいケースです。
運動性言語中枢(別名:ブローカ中枢)に障害がある状態で、ブローカ失語症とも言われます。

 

このタイプでは、イメージが言葉になる過程で障害が起こり、正しい言葉を出すことができません。
また、文字を書くこともできません。

 

イメージが脳に伝えられたときに、言葉の貯蔵庫の中から正しい音のグループを選び出すことができなくなります。
たとえ、正しい言葉の引き出しをあけることができても、音順を示した指示書が上手く働かず、言い間違えたり、言い方が非常にたどたどしくなってしまいます。

 

例えば、みかんのイメージを見せられて発語しようとしても、言葉が出てこなかったり、次のような間違いをしてしまいます。

 

  • 違う音が出る 「みんち」
  • 順番が入れ替わる 「かんみ」
  • 余分な音がつく 「みかみん」

 

イメージに結びつく言葉を選ぶことができず、イメージについては正しく説明できるのに、そのものの名前で呼ぶことができなくなります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top