失語症の社会的支援:介護保険の利用

失語症の社会的支援:介護保険の利用

失語症の社会的支援として、必要であれば介護保険を利用しましょう。

 

介護保険では、デイケアや通所リハビリなどのサービスが利用できます。
失語症の症状に応じて、サービス内容を決めましょう。

 

手順は次の通りです。

 

1.申請
患者か家族が申請します。
申請は、市区町村の福祉担当の窓口でします。

 

2.訪問調査
担当の調査員が、患者の過程を訪問し、傷害の程度やどのくらいのサービスが必要かなどをヒアリングします。
このとき、失語症特有の困難をしっかり伝えておきましょう。

 

3.意見書の作成
原因となった病気、失語症、他の後遺症などについて、担当医に意見書を書いてもらいます。

 

4.認定
訪問調査や意見書の結果を踏まえ、患者の状態を要支援(1〜2)、要介護(1〜5)に認定します。
非該当になる場合もあります。

 

5.サービス内容の選択
利用するサービスを選び、ケアプランを作成します。
ケアプランは家庭で作成してもいいですが、不安な場合はケアマネージャーに相談しましょう。

 

受けられるサービスは、患者の認定内容によって異なります。

  • 通所サービス
  • ・デイケア(通所リハビリテーション)
    ・デイサービス(通所介護)

  • 在宅サービス
  • ・訪問介護、訪問看護
    ・訪問リハビリテーション

  • 入所介護
  • ・ショートステイ

など

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top