失語症の家族のサポート:焦らずゆっくり待つ

失語症の家族のサポート:焦らずゆっくり待つ

失語症の家族のサポートとして、焦らずゆっくり待つことが大切です。

 

患者にとって、話すことは勇気と強い気持ちが必要です。
そんなとき、家族が根気よく待ってくれていると、患者にとって励みになります。

 

先回りしてばかりいると、患者の意欲をそいでしまいます。
時間がかかっても、焦らずゆっくり待ってあげてください。

 

ただし、患者が言いたいことが間違いなく予測できたときは、○○?と聞きましょう。
患者は、そうそう!とい表情を見せてくれ、うまくコミュニケーションが成立します。

 

会話のポイントは次の通りです。

 

  • 焦らずゆっくり待つ
  • 沈黙が長く続くとイライラするかもしれませんが、その最中でも患者は一生懸命がんばっています。
    根気よく静かに待ちましょう。

     

  • 聞くというより読む
  • 言葉だけではわかりにくくても、文脈などで判断すれば何を伝えたいかわかるときがあります。
    聞くというより読むという心構えで接しましょう。

     

  • わかったふりはしない
  • 患者が何を言ったかわからなかったときに、わかったふりをするのはやめましょう。
    患者は敏感に感じ取るものです。
    正直にわからなかったということを伝えましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top